プロバイオティクスとは

[美肌の素!プロバイオティクスとは]

 プロバイオティクスは、人体に自然に存在する微生物(菌)であり、健康に利益をもたらすと考えられています。

ここ数年、菌の研究が進み、皮膚にも体内と同じように、沢山の菌が常に棲んでいる(皮膚常在菌)ことが解明されています。

目に見えない、無数の菌が私たちの美しさと健康に大きく貢献していることが分かっています。

[スゴイ!皮膚に棲む菌の数 ]

 皮膚には、1cm²あたり100万~10億個もの微生物が住んでいます。腸内と同じ様に、良い菌(善玉菌)、悪い菌(悪玉菌)、日和見菌が存在します。

それらの菌の活動やバランス次第で、肌が潤っていたり、反対にニキビができたり、乾燥したりと、日々の肌の状態に影響しています。

身体の為に一生懸命に良い働きをしてくれるプロバイオティクスを、やれ除菌だ、抗菌だと排除してませんか?

悪い菌を弱らせるのに必死になりすぎて、良い菌まで同時に除いて、肌に逆効果です。

 肌を無菌状態にすると、紫外線や外敵にも対抗できない無防備な肌を生み出してしまいます。

[最先端のスキンケア]

世界的権威のあるアメリカ皮膚科学会(American Academy of Dermatology)は、皮膚を治癒し、皮膚の炎症を抑え、抗菌効果をもたらす画期的な対策として、プロバイオティクスを評価しています。プロバイオティクスにはさまざまな効果が期待できます。

 今、多くの化粧品ブランドがプロバイオティクス配合コスメを研究・開発中です。特に米国でその効果が評価され、多くの製品が市販され始めています。

当社が取り扱うプロバイオティクス製品は他社の日本の特許取得したEF-2001です。

 日本特許のEF2001 について詳しくは→コチラ